上回るお金については差押えることが可能です

自己破産の申告を行ってしまうと勤務先に発覚してしまったらと考えただけで生きた心地がしない、といった具合に心配にお感じの方もいるかもしれませんが、自己破産の申告をしても裁判所から勤め先などに書類がいってしまうことはないので、通常のケースの状況なら秘密がばれてしまうということはないと言えます。シースリー

一方、一般的な場合破産の申立を行った後ならば、借入先から会社の同僚に取り立ての通達がなされるようなことは考えにくいと言えます。クラミジア原因性交渉以外

ただし自己破産による債務整理の申立てを公的機関に訴え出るまでの間は借りた会社から会社の人間に通達がなされることもないとは言えません故そのような原因でばれるということが実際にありますし、月給の回収を行われてしまうともちろん、上司に知られてしまうことになってしまうことは避けられません。キャビテーション

そういったことに対する不安がどうしても頭をよぎるのであれば専門の司法書士あるいは弁護士などの専門家に自己破産の実行を任せてみることを検討するのがよいでしょう。

司法書士や弁護士などといった専門家に委任をするケースであれば真っ先に全部の債権を持つ会社に受任したことを知らせる書面が送られますが、このような通知が到達した以降は借入先が借り手本人に向けて直接督促を行ってしまうことは固く禁じられていますから、勤務先に知れ渡ってしまうという不測の事態はひとまずはあり得ません。

さらに、自己破産の申告のせいで勤め先を辞さなければいけないのかでありますが、公的な戸籍または住基カードなどに掲載されることはまったく考えれませんので、通常の場合だとすれば自分の上司に事実が知れ渡ってしまうことは考えられないでしょう。

最悪、自己破産の手続きを行ったことが上司などに露見してしまったとことろで自己破産手続きを事由に役職からやめさせるということはまずあり得ませんし、辞める必要も一切ないのです。

ですが、自己破産申立てが会社に秘密がばれてしまい、居づらくなってしまい自主退職するケースがままあるというのも事実だと言わざるを得ません。

給金の仮押えに関して、強制執行等の規則を定める民事執行法では差押禁止債権として賃金あるいは給料などというものについて設定されており、こういった金においては1月4日しか回収を許されていません。

従ってそれ以外の75%については差押えをするということは法律的に許されていません。

加えて、民事執行法内で、標準的な一個人の不可欠な生計費を考慮に入れて政令によって水準(三十三万円)示しているので、それを下回るケースは2割5分にあたる額だけしか没収されないように設定されています。

なので、債務者がそれより上の賃金を手にしているのであれば、その金額を上回るお金については差押えることが可能です。

ただ自己破産に関する法律の変更によって借金返済に対する免責許可の申立てがあり、財産がないことを証明する同時破産廃止の適用などが確実になり自己破産申告の終結がなされていれば借金の免責が認定され確定的になるまで破産者の私有財産などについて強制執行・仮押え・仮処分の適用が出来なくなり、これより先に行われている仮押えなどについても止められるように変わりました。

さらには、免責が決定、確定された時には時間的にさかのぼって終わっていた差押えなどは実効力を失います。

コンテンツメニュー

    Link