三ヶ月以内に発行された書類である必要があります

クルマを手放す場合や、それから愛車の処分のさいもどちらも印鑑証明が必要になります。ハーブガーデンシャンプー

それではこの印鑑証明に関して解説しましょう。

印鑑証明書とは、実印として認められているということを保証する書面です。

印鑑証明書がないのであればその印鑑が実印として効力を持つことが保証できません。

個人にとっては相当高額な取引になる自動車の買い取りなので実印が必要になりますがその時にこの印鑑証明も必要となるのです。

この印鑑証明をつくるためにはその前に印鑑証明することが必要です。

印鑑証明書に登録するはんこは通称、実印と言われ世界で唯一のハンコであることが必須です。

この実印を準備して自分が住む役場に行くことで、印鑑登録の手続きができます。

手続きが終わると印鑑登録カードというものがもらえて印鑑登録をした印は実印になったということになります。

印鑑証明を交付してもらうためには、市役所などの取次ぎ所で、印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要事項を書き込んで、印鑑登録カードを持参するだけで大丈夫です。

そして自動交付機を使って印鑑証明書を交付してもらうことができます。

印鑑証明そのものには有効期限はないのです。

ですから、どんなに前の印鑑証明でも効力は消えないことになります。

しかしながら車買い取りの時は印鑑証明は三ヶ月以内に発行された書類である必要があります。

ほとんどのケースで有効期限の定めはないのですが、中古車売却のときには、相手側が必須となる有効期限を定めていますので、仮にクルマ買い取りを考えているのであれば売却前に持っておく必要があります。

コンテンツメニュー

    Link