担う裁判所に出すことになります

破産申し立てにおける手続きにしたがうと、申請する人は一番初めに申請書を申請人の住所を担う裁判所に出すことになります。75-20-17

申し立てる人から申し立てが届くと裁判官は破産の承認をする要因が存在するかどうかといったことを審査する流れになって、完了したとき申し立て者に支払い不可能の状況などの破産受理の必要条件が満たされている場合自己破産の認可がもらえることになります。75-17-17

とはいえ、破産申立の承認がもらえても、それのみでは借金が消滅したということになりません。75-4-17

免責の判定を与えてもらうことが必要なのです。75-7-17

免責は破産申請の手続きの上で清算が困難な人の返済責任について、法律によって義務を消すというものなのです。75-13-17

つまりは債務を無しにすることです。75-8-17

免責でも、自己破産申立の認可の場合と似たように裁判所権限で審査がおこなわれて議論の末に免責の決定がなされた場合は申立人は責任から解放されることになり負債額は消滅となるという流れです、結果として、携帯ローンやカードが使えなくなることを除外すれば破産判定者の被るデメリットから自由になるということになります。75-19-17

このとき、免責拒絶(債務を無しにできない)という判断がされると負債また破産者が被るデメリットは残されることにならざるをえません。75-16-17

破産法の免責システムはどうしようもない理由で多重負債を抱えて苦しむ人を救う目的のルールです。75-12-17

というわけで、財産を隠蔽して破産申立の実行をしたりといった国に対し虚偽の申立書を届けるなど体制を不正利用する者や博打や買い物などの散財で債務を抱えてしまった人々の場合破産の申請手続きを停止したり免責申請が許されないです。75-15-17

破産に関する法律では、免責適用をとることができない事由をさきほど挙げたケースの他数多く明記してあり、それについて免責不許可事由と呼んでいます。

コンテンツメニュー

75-11-17 75-6-17