加入していた期間により違うものなので確認が必要です

自賠責保険という保険は正式名称で自動車損害賠償責任保険と呼び略して自賠責保険と言う保険です。

この自賠責保険は通称強制保険と呼ばれ、車を定期車検に出す場合は、決まっている期間内に効果のある自賠責保険に加入している必要があります。

言い換えればすべての車に加入義務のある保険です。

それでは自動車が自賠責保険に加入したまま売却した場合はどうなるでしょうか。

強制保険は車検のときに更新になるというケースが少なからず存在しますが、仮に強制保険(自賠責保険)に入ったままの自動車を売却した場合は、お金が返ってくることは全然ないのが普通です。

なぜなら自賠責保険の加入をなくして保有者に入れ替える作業はちょっと面倒くさいのです。

ですので強制保険というものは名義変更をして自動車とともに手放すというのが普通です。

ただ、その代わりの額を代金に上乗せしてくれます。

自動車損害賠償責任保険は自動車税と違って、既に納めた保険額を月々で割り算した額が返還されるやり方ではなく買取額に乗せるといった手法をとることが通常なのですが、見積シートに明記される場合は稀です。

なので、買取の際には自賠責保険の金額が買取金額に含まれているかを確認するようにしましょう。

自分が払った保険料がどれくらいかだけでも把握しておけば見逃すことはないと考えます。

それぞれの自賠責保険にかかる料金に関しては加入していた期間により違うものなので確認が必要です。

自動車の買取の際には保険の名義を書き換えしましょう。

もしこの作業をせずに放っておいたら保険会社より自分に自賠責の満期お知らせが届くことになります。

あなたが手放すか悩んでいる車がほんの少しでも損をせずに売却されることを応援したいと思います。

コンテンツメニュー

    Link