www.thechesscomputerstore.com

思いがけず起こるのが交通事故です。この場面でどんな行動したかにより、保険料の額も変わる場面もありますので正しい考えと対応力が必要です。思っていないアクシデントで動揺してしまえば必要不可欠な対処を見逃してしまいこの先己がかなり大きな損を受けることも考えられるので交通事故を起こしてしまった場合は落ち着いて以下に述べる作業するようにするとよいでしょう。自動車の事故を起こしてしまった場面でまずすべきなのは負傷した人の確認です。乗用車の事故の後すぐはパニックになって何も出来ない状態になってしまう場面があり容易に行動を起こせないのが現実です。なので、負傷した方がいたとしたら危険じゃないところに移動して手当てをし、周りの人に助けを求めるようにして怪我人の優先に努めることが重要です。救急車を呼ぶ時には的確な事故があった場所を告げて不明確な状況では周りの目を引くスーパーや交差点を知らせて事故の現場の場所が判断できるようにします。次に警察に電話して、車の事故があった事また状況を連絡します。救急車と警察が来るのを待つ間に相手側の情報を確かめます。名前、住んでいるところ、電話番号、相手側の自動車保険会社名など各々のことを教えます。その場面で事故相手に過失があったような場合は、その場所で片付けようとする場合が考えられますがその場所で解決するのではなくどの場合だったにせよ警察署や保険の会社に報告して、きちんとジャッジしてもらう事が欠かせません。互いの連絡先を伝えたら他の人のじゃまになるのを避けるために障害となる物を道路の上から取り去ります。もし障害となった物が通りかかった人の交通の障害物になっている状況なら各々の情報を交換するよりもこの作業をしても問題はないです。その後あなたの掛金を支払っている保険会社に連絡して、自動車での事故が起きた事を報告します。自動車の事故から一定の期間内のうちに自動車保険会社に連絡しておかないと交通事故の保険の適用外となることも想定されるので極力素早く行うことが必要不可欠です。事故の証拠になるようにカメラや携帯のカメラなどで事故の現場や自動車の壊れた箇所が分かる写真をを残しておきます。この証拠写真は過失がどのくらいあるのか決定するかなり大きな役割とできるので己の乗用車や先方の乗用車の壊れた箇所をきっちりとカメラに残しておくことが重要です。他の人がいたのなら警官や自動車保険会社が辿り着くまで事故現場にそのまま待って頂くように求めることも必要不可欠です。

コンテンツメニュー